リオ五輪

民放の五輪放送は赤字 放映権料高騰で

 日本民間放送連盟(民放連)の井上弘会長は15日の定例会見で、リオデジャネイロ五輪放送をめぐる民放全体の収支が赤字だったことを明らかにした。赤字額は非公表。国際オリンピック委員会(IOC)に支払う放映権料が高騰し、CM放送枠のセールスで賄いきれなかったことが理由という。井上会長は「これから良い案を考えていきたいが、厳しい状況に変わりはない」と述べた。

 五輪の放映権料は近年、高騰傾向にあり、2012年ロンドン五輪では、民放全体の収支が初めて赤字となっていた。NHKと民放でつくるジャパン・コンソーシアム(JC)は、2014年ソチ冬季五輪とリオ五輪の放映権を計360億円で取得。18年の平昌冬季五輪と20年東京五輪については、約1.8倍の計660億円で取得することでIOCと合意している。