伊調馨 国民栄誉賞受賞決定会見(下)

レスリングは「私を作ってくれたもの」 悩みはファンサービス!?「早く立ち去りたい風に見えているかも…許して」

【伊調馨 国民栄誉賞受賞決定会見(下)】レスリングは「私を作ってくれたもの」 悩みはファンサービス!?「早く立ち去りたい風に見えているかも…許して」
【伊調馨 国民栄誉賞受賞決定会見(下)】レスリングは「私を作ってくれたもの」 悩みはファンサービス!?「早く立ち去りたい風に見えているかも…許して」
その他の写真を見る (1/2枚)

 《リオデジャネイロ五輪女子レスリング58キロ級で金メダルに輝き、同種目で4連覇を果たした伊調馨(32)。13日に発表された国民栄誉賞の受賞決定を受けた会見が、東京都内のホテルで続いている》

 --リオ五輪で、伊調選手は(青森県)八戸(市)で中学まで指導を受けてた沢内(和興)コーチから「平常心」と書かれたハンカチを贈られたと聞きました。今回は「苦しい試合だった」ということですが、4連覇へ平常心という言葉はどう影響を与えましたか。

 伊調「ハンカチをコーチは毎回私にくれるんですが、もらったときに、『平常心』という言葉を見たときに、五輪に向けて気持ちが高ぶっていたので、その言葉をみて、少し落ち着きを取り戻したというか、冷静にというか、今までやってきたことを出そうとか、勝ちにこだわらなければいけないと言い聞かせていた時期なので、すごくその言葉に助けられました。五輪に行ってからも『平常心、平常心』と言い聞かせていましたし、自分自身もっといいレスリングができればよかったんですけど、その言葉がなかったら、前のように自分自身を見失っていたかなと思ったりします。だから、自分にとって必要なことを書いてくれたと感謝しています」

 《続いて記者が、伊調と会見に同席した日本レスリング協会の福田富昭会長、ALSOKの青山幸恭(ゆきやす)代表取締役社長にそれぞれ尋ねた》

会員限定記事会員サービス詳細