健康カフェ(49)

1日30品目? こだわらず、野菜多めに

 30品目の摂取を目指していろいろなものを食べようとするあまり食べ過ぎてしまうのでは、健康のためにはむしろマイナスといえます。たとえ健康に良い食品でも食べ過ぎればカロリーオーバーで肥満となり、糖尿病や脂質異常症など生活習慣病となる可能性があります。また、何か一つの食品を食べればそれだけで健康になるということはありません。

 ただ、食品の中でも野菜が体に良いことは間違いなさそうです。欧州の研究で、1日に約200グラムの野菜を食べる人は、ほぼ半分の約90グラムの人に比べ、糖尿病の発症率が24%低いという報告があります。

 また、オランダで2万人を10年間追跡調査した研究では、1日に262グラム以上の生の野菜や果物を食べる人は、92グラム以下の人に比べ、脳卒中や心筋梗塞など心血管疾患が30%減少していました。加熱や加工した場合は生ほどの差はありませんが、それでも野菜を多く食べる人は少ない人に比べ心臓の病気が21%減少していました。

会員限定記事会員サービス詳細