伊調馨 国民栄誉賞受賞決定会見(上)

五輪4連覇でも「自分のレスリング人生は50点」 おねだりしたい受賞の記念品は…

国民栄誉賞の受賞が決まり、会見する伊調馨=13日、東京都新宿区(撮影・長尾みなみ)
国民栄誉賞の受賞が決まり、会見する伊調馨=13日、東京都新宿区(撮影・長尾みなみ)

 《リオデジャネイロ五輪のレスリング女子58キロ級で金メダルを獲得し、女子個人種目で五輪史上初の4連覇を達成した伊調馨(32)は13日、国民栄誉賞の受賞が決まったことを受けて東京都内のホテルで会見した》

 《会場に姿を現した伊調は黒いジャケットに薄いピンクのズボン姿。髪を下ろし、左胸に花のコサージュをつけている。司会者に名前を紹介されると、立ち上がって一礼。司会者に促され、マイクを持った》

 伊調「皆さん、こんにちは。女子レスリングの伊調馨です。本日はお忙しい中、お集まりいただき、ありがとうございます。このたび、国民栄誉賞を受賞することができました。自分自身の中では信じられない気持ちが大きいですが、本当にこれまで私を支えてくださったALSOKさん、日本レスリング協会関係者の皆さまに、感謝の気持ちでいっぱいです。今後、自分の人生をこれまで以上にもっともっと考えていかなければならないなと、身が引き締まる思いです。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。本日はありがとうございました」

 《報道陣との質疑応答が始まった》

 --このたびはおめでとうございます。国民栄誉賞を受賞されたということで、一番どなたにこのことをお伝えしたいですか。国民栄誉賞を受賞された際に、楯とともに記念品が贈られるんですが、伊調さん、何かほしいものはありますか。

会員限定記事会員サービス詳細