築地移転延期

豊洲の3棟の地下空洞に水たまり

【築地移転延期】豊洲の3棟の地下空洞に水たまり
【築地移転延期】豊洲の3棟の地下空洞に水たまり
その他の写真を見る (1/2枚)

 豊洲市場の施設の地下空洞に地下水がしみ出している恐れがある問題で、盛り土が行われなかった主要施設3棟の地下空洞に水がたまっていることが12日、東京都への取材で分かった。小池百合子知事は同日、幹部会議を開き、水がたまった原因や盛り土をしなかった経緯を調査し、安全対策を検証するよう指示した。

 都は同日、地下水の上昇を抑えるためポンプでくみ上げ、有害物質が下水道基準を超えた場合に浄化し排出する地下水管理システムの試運転を開始。この開始は当初の計画通りという。

 都によると、空洞で水が確認されたのは水産仲卸売場棟▽水産卸売場棟▽青果棟。水深はいずれも数センチとみられる。共産党都議団が7日の視察時に調べたところ、水産卸売場棟の水深は約1センチだった。都は地下水、雨水、結露かは判断できていないとし、近く原因や汚染の有無を調査する。