北朝鮮核実験

2つの坑道で新たな核実験準備、韓国政府分析「地図上から平壌の一定区域完全に消す」作戦も、米はB1爆撃機急派で圧力

 【ソウル=名村隆寛】韓国国防省報道官は12日の記者会見で、北朝鮮が9日に5回目の核実験を強行した北東部、咸鏡北道(ハムギョンプクト)豊渓里(プンゲリ)の2つの坑道で、「いつでも核実験をする準備ができている」と米韓が分析していることを明らかにした。米軍は13日にもB1戦略爆撃機を韓国に派遣し、対北圧力を強める構えだ。

 国防省報道官は、5回目の核実験では2〜4回目と同じ坑道が使われたとし、ここから分岐した坑道と、これまで使用されていない第3の新たな坑道の両方で実験が可能だと説明した。

 韓民求(ハン・ミング)国防相は9日に国会の緊急報告で、5回目の核実験が行われたのとは別の坑道で「核実験を行える準備が整っている」と述べ、追加実験の可能性を指摘していた。北朝鮮は実験直後に発表した声明で、「核武力の質的、量的強化は継続する」と断言しており、米韓は年内に6回目の核実験を強行する可能性もあるとみて警戒している。

 一方、在韓米軍関係者によると、戦略爆撃機は当初、12日に派遣される予定だったが、天候の事情で13日以降に延期された。米軍は先月、グアムにB52に代わって、より高速のB1を配備したばかりで、グアムから派遣するとみられる。朝鮮半島への飛行時間は2時間程度。韓国メディアによれば、ソウル南方の烏山(オサン)空軍基地の上空に展開する見通しで、北朝鮮の挑発を牽制(けんせい)するという。

会員限定記事会員サービス詳細