ビジネスの裏側

爆買い特需なく、2年連続赤字で見切りも…相次ぐ郊外型百貨店の撤退

 また、近鉄百貨店も奈良店(奈良市)で独自の試みを始めている。店内に今年4月、奈良県内初の東急ハンズをオープンさせるなど全国的にも集客力のある専門店の誘致に乗り出し、競争力を高める狙いだ。

 郊外では今後も大型商業施設の進出が続くとみられる。百貨店各社が伸び悩む中、郊外店舗の撤退は避けられないかもしれない。郊外店舗にとっては厳しい状況だが、ビジネス戦略の転換も求められる。

会員限定記事会員サービス詳細