北朝鮮核実験

爆発は過去最大規模 北朝鮮が5回目の核実験を「強行」 

 【ソウル=名村隆寛】韓国軍合同参謀本部によると、9日午前9時半ごろ(日本時間同)北朝鮮北東部の咸鏡北道(ハムギョンプクト)豊渓里(プンゲリ)一帯でマグニチュード(M)5・0規模の人工的な地震波が観測された。米地質調査所(USGS)は、M5・3としている。現場は核実験施設の付近で、韓国国防省当局者は「北朝鮮が核実験を強行した」と語った。

 9日は北朝鮮の建国記念日で、この日に合わせて核実験を行った可能性がある。

 北朝鮮による核実験は1月6日に続き5回目。金正恩(キム・ジョンウン)体制下では3回目となる。韓国軍によると、爆発の規模は10キロトン程度と推定され、過去最大規模とみられる。

 北朝鮮は9月5日には中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程1300キロ)とみられるミサイル3発を連続発射し、日本の排他的経済水域(EEZ)内の同じ海域に落下させたばかり。