経済裏読み

韓国経済の「時限爆弾」!家計債務また増加、つぶせない住宅ローンバブル

 韓国経済の時限爆弾と同国メディアが呼ぶ家計の借金がまた膨らんだ。家計債務の累計は、今年6月現在で1257兆ウォン(約113兆円)にのぼり、この半年で約50兆ウォンも増え、最高額を更新。1年では約120兆ウォン以上増えた。低金利の中、無理をしてでもマンションを購入しようと借金をする家計が増えているとみられる。韓国政府としては、家計債務の圧縮を加速させたいが、住宅投資を冷え込ませる恐れがあり、いまだ抜本的な改革に踏み出せないでいる。景気悪化で返済延滞が続出すれば、韓国経済への亀裂は避けらず、問題先送りへの懸念は強い。

借金膨張のわけ…建設会社仲介、元本不払い、チョンセ崩壊

 家計債務の残高が1000兆ウォンにのったのは2014年末。家計債務は、右肩上がりに膨らみ、韓国経済の大きな重しになっている。

 なぜ、家計債務がここまで膨らんだのか。大きな原因は、住宅購入を容易にさせているローン制度にあるといわれる。      

 その代表格は集団ローンと呼ばれる仕組みだ。