北ミサイル

弾道ミサイル3発発射 ノドン1000キロ飛行か

 【ソウル=藤本欣也】韓国軍合同参謀本部は5日、北朝鮮が同日午後零時14分(日本時間同)ごろ、黄海北道(ファンヘプクト)黄州(ファンジュ)付近から日本海に向けて、弾道ミサイルを3発発射したと発表した。中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程1300キロ)とみられ、3発とも約1000キロ飛行し、日本の防空識別圏内に400キロ以上入って日本海に落下したという。

 中国・杭州で開かれている20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて発射し、弾道ミサイル開発能力を誇示する狙いがあったとみられる。

 北朝鮮の弾道ミサイル発射は、8月24日に咸鏡南道(ハムギョンナムド)新浦(シンポ)沖の日本海から潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)1発を発射して以来。ミサイルは約500キロ飛行し、日本の防空識別圏内に約80キロ入って日本海に落下したとみられている。

 北朝鮮は8月3日にも、黄海南道(ファンヘナムド)殷栗(ウンリュル)付近から日本海へ向けてノドン2発を発射。1発が約1000キロ飛行し、秋田県男鹿半島の西250キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内に初めて落下している。

 9月9日は北朝鮮の建国記念日に当たり、2014年にも記念日を前に短距離ミサイルを発射したことがある。4日には、北朝鮮の人権侵害状況を調査・記録する「北朝鮮人権法」が韓国で施行されており、これに反発したとの見方もある。

会員限定記事会員サービス詳細