京都駅前運転免許更新センター開所 初日は990人が利用 - 産経ニュース

メインコンテンツ

京都駅前運転免許更新センター開所 初日は990人が利用

 優良運転者や70歳以上の高齢運転者の免許更新が可能な「京都駅前運転免許更新センター」(京都市下京区)の運用が、1日から始まった。初日となったこの日は、1日の平均利用者見込みの4倍を超える約990人が訪れ、受け付け前には長い行列ができたという。

 免許更新センターは、京都駅から徒歩約3分の位置にある旧七条署跡地に建てられた複合施設内に開所。優良運転者や70歳以上の高齢運転者の免許更新などの手続きが可能となっており、年間利用者数は約9万人を見込んでいる。

 1日の平均利用者数は約240人の見込みだったが、初日のこの日、免許更新に約990人が訪れる混雑を見せたため、午前中に受け付けをした人の一部を午後の講習に回すなど、職員は対応に追われた。

 一方、同日、府警運転免許試験場(京都市伏見区)に訪れた利用者は、全体で約550人。うち優良運転者は約170人と普段の6割ほどで、混雑もなかったという。

 府警は「免許更新センターは、9月上旬は同様の混雑が予想される。スムーズに手続きを行っていただくため、運転免許試験場も利用してほしい」としている。