日本初の民放ラジオは「阪急百貨店屋上」で産声 MBS記念プレート

日本初の民放ラジオは「阪急百貨店屋上」で産声 MBS記念プレート
日本初の民放ラジオは「阪急百貨店屋上」で産声 MBS記念プレート
その他の写真を見る (1/2枚)

 毎日放送は1日、日本初の民放局としてラジオ放送を始めた大阪市北区の阪急百貨店うめだ本店屋上に「民放誕生の地」の記念プレートを設置した。

 同局の前身である新日本放送は、アンテナの設置条件や利便性などから同店の屋上に社屋を置き、65年前の昭和26年9月1日正午に産声を挙げた。

 プレートは縦13センチ、横18センチの銅製。設置式に出席した同局の玉巻映美、藤林温子両アナウンサーは「初の民放というパイオニア精神を大事にしたい」。