築地移転延期・小池都知事会見詳報(2)

「建設費が3倍に増大、精査が必要」 プロジェクトチームを設置

【築地移転延期・小池都知事会見詳報(2)】「建設費が3倍に増大、精査が必要」 プロジェクトチームを設置
【築地移転延期・小池都知事会見詳報(2)】「建設費が3倍に増大、精査が必要」 プロジェクトチームを設置
その他の写真を見る (1/2枚)

 11月に予定されていた東京都の築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転について、小池百合子都知事が31日午後1時半から記者会見し、延期を正式に表明した。

 《「都民ファースト」を強調し、築地市場から豊洲市場への移転延期を決断した理由を説明する小池氏。豊洲市場の安全性の問題に加え、移転に伴う費用についても疑問を呈した》

 「次に費用の増大についてでありますけれども、豊洲新市場の費用は全体で、2015年3月の時点で5884億円となっております。建物の建設費だけで2752億円。まず市場の建設にこれだけ費用が掛けられている、そのことだけでも私は驚いてしまいます。また、全体予算でありますけれども、2011年は3926億円でありました。それが4年間で5884億円に膨らんでいるということであります」

 《会見場に設置されたモニターに建設費や土壌汚染対策費、用地の取得費などを書き込んだ棒グラフを示し、費用の問題について説明を続ける》

 「建物の建設費が990億円から2752億円へと急膨張いたしております。昨今の建設コストにつきましては、よく言われるように人材も資材も高騰しているということは、これはオリンピックなどの建設についても同じようなことが言えるわけではございますけれども、それにしても3倍近い増大に関しては、きちんと精査する必要があると、ちゃんと都民に説明する必要があると、このように私は考えております」

会員限定記事会員サービス詳細