小池百合子知事、築地市場の移転延期固める 近く会見で表明(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

小池百合子知事、築地市場の移転延期固める 近く会見で表明

小池百合子都知事
小池百合子都知事

 11月に計画されている東京都の築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転について、小池百合子知事が延期する方針を固めたことが30日、都関係者への取材で分かった。豊洲市場の開場時期は、現在実施している地下水のモニタリング調査結果が出る来年1月以降に改めて判断する見通し。近く記者会見して表明する。

 小池氏は30日朝、報道陣に対して「今はまだ精査しているところだが、近々(きんきん)、会見などを開かせていただく」と述べた。

 計画では築地市場は11月2日に閉場し、業者の移転を経て豊洲市場が同7日に開場する予定になっていた。しかし、豊洲市場の敷地で土壌や地下水の汚染が確認された経緯をめぐり、一部の業者が「汚染対策が十分ではない」などと訴え移転延期を求めてきた。

 小池氏は地下水汚染の有無を調べるモニタリング調査の終了前に開場日が設定されていることを問題視。今月26日の定例会見では「安全を確認し、きっちりとした形で進めるべきだ。日程的にお構いなしに決めてしまうという、これまでの都の対応はいかがなものか」と延期に含みを持たせていた。