桜井紀雄が見る劇場型半島

韓流アイドル・少女時代のティファニーが袋だたきに…ネットの旭日旗で炎上 韓国系米国人にも容赦なく…

【桜井紀雄が見る劇場型半島】韓流アイドル・少女時代のティファニーが袋だたきに…ネットの旭日旗で炎上 韓国系米国人にも容赦なく…
【桜井紀雄が見る劇場型半島】韓流アイドル・少女時代のティファニーが袋だたきに…ネットの旭日旗で炎上 韓国系米国人にも容赦なく…
その他の写真を見る (1/7枚)

 韓流女性グループを代表する「少女時代」のメンバーがインターネットで大バッシングに遭い、番組を降板させられる騒ぎになった。韓国の解放記念日前日に旭日旗模様が入った写真を投稿したことが理由だ。韓国で旭日旗は「戦犯旗」とレッテルを貼られ、そのデザインを使った芸能人らは非国民として糾弾されてきた。海外ブランドや芸術作品までやり玉に上がり、歯止めが利かない状況だ。それこそが、自分たちの「正義」に合わないものを徹底排除しようとする危険なナショナリズムだとの自覚は見られない。

「よりによって光復節に」…謝罪も「誠意ない」

 「こんにちは。ティファニーです。こんな大切で意義深い日に、私の失敗で多くの方々にご心配をおかけして申し訳ありません」

 「たくさんの方々を失望させた私自身が、とても恥ずかしく、深く反省しています」

 少女時代メンバーのティファニーさん(27)は、韓国で日本統治からの解放記念日に当たる「光復節」の今月15日、画像投稿サイトのインスタグラムにこう手書きした謝罪文を掲載した。

 「失敗」とは、ネットへの2つの投稿のことだ。前日の14日、東京ドーム・コンサートでの打ち上げパーティーの写真をインスタグラムにアップした際、コメントに日の丸の絵文字を使った。

 ネットで指摘され、絵文字は即座に削除されたが、今度は、別の投稿サイトの写真に「TOKYO JAPAN」の文字に旭日模様をあしらったスタンプを使っていたのが見つかった。