文芸時評9月号

おかしさがこみ上げてくるヘンな「私小説」 早稲田大学教授・石原千秋

石原千秋・早稲田大学教授
石原千秋・早稲田大学教授

 今年の文芸雑誌の夏枯れはいったいいつまで続くのだろう。妙に小説に似ている文章は載っているが、いや、小説は小説に似ているから小説なのであって、それ以上の定義はできようもないのだからそれはいいのだが、どうも心に響いてこない。小説に似ていないことをほとんど唯一の存在価値とするような小説もあって、ふつうは前衛芸術などと呼ばれているが、それも陳腐な芸にすぎない。

 そんな中で、読んでいるうちにどうもおかしさがこみ上げてくるヘンな作品があった。小谷野敦「細雨」(文学界)だ。いわゆる「私小説」の定義は定まっていなくて(小谷野敦自身は定義しているが)、僕は登場人物がどことなく作者を彷彿(ほうふつ)させて、つまらないことが書いてある小説を「私小説」だと考えている。この「つまらない」とは、辞書的な意味でのつまらなさではなく、日常生活のささいな出来事を書く喜びと読む喜びとを感じさせるようなつまらなさを言う。僕がもっとも高く評価する私小説作家は尾崎一雄である。この名前を出せば、僕の言う「つまらない」の意味はわかってもらえるだろうか。なにしろ、ガラス瓶に閉じ込めておいた蜘蛛(くも)が逃げただけの出来事で一篇の味わい深い佳作を書いてしまうのだから。

会員限定記事会員サービス詳細