台風10号

勢力衰えず大雨警戒 上空に寒気 接近前から湿った風

 一方、東北地方の東海上にある低気圧の影響で東から湿った風が流れ込む。このため、台風本体が近づく前から大雨になることが見込まれる。東北地方での29日午後6時までの24時間雨量は多い所で80ミリ、30日午後6時まででは200ミリと予想されている。

 東北地方では29日から雨が降り始める予報になっており、気象庁の黒良龍太現業総括予報官は「接近、上陸までに家庭や職場で備蓄を準備したり、避難方法について確認するなどしてほしい。夜間の上陸が見込まれるので日中のうちに備えておくことが必要」と注意を呼びかけた。

会員限定記事会員サービス詳細