リーダーの素顔

「医療崩壊の危機は産業化で乗り切れ」医療法人社団KNI理事長、北原茂実さん

 --医療を総合生活産業と位置づけている

 「医療を人々がより良く生きてより良く死ぬためのプロデュース産業と捉えています。拠点の八王子(東京)では、リハビリや社会参加の一環としての農作業、生活支援システムの共同開発などさまざまな産業の力を借り、高額な医療機器に依存する重厚長大産業型の医療から脱却しようとしています。暮らすだけで健康で長生きできる、そんな街づくりを進めています。医療の海外輸出も八王子での取り組みも目的は一つ。このままでは破綻する日本の医療の革新です。自由化で新しい医療が生まれ得ることを、証明したいのです」

                  ◇

 【健康法】「極めてシンプル。適度な運動と、単体で自然界に存在しないものはあまりとらないこと。塩や砂糖、サプリメントも良くない。いかに必要な栄養素でも、バランスを無視してそれだけ大量に摂取すれば害になります」

 【趣味】ガーデニングと家庭菜園。「毎朝4時に起きて植物に触れています。家を空けるときはマニュアルを渡して家内に世話を頼みますが、それでも私が長く不在にするとみんな元気がなくなる。生物同士、心を尽くせば必ず通じる。これは意識のない患者さんをケアする医療者にも必要な感覚です」

会員限定記事会員サービス詳細