【シリア情勢】日本にロシア主導の人道支援参加を呼びかけ、THAAD韓国配備には断固反対 - 産経ニュース

メインコンテンツ

シリア情勢

日本にロシア主導の人道支援参加を呼びかけ、THAAD韓国配備には断固反対

 【モスクワ=黒川信雄】ロシア国防省は26日、アントノフ国防次官と日本の上月豊久駐露大使が25日に会談したと明らかにした。露国防省によると、ロシアは日本側に、激しい内戦が続くシリア北部アレッポでのロシアの人道支援活動に参加するよう呼びかけたという。

 また、アントノフ氏は会談で、朝鮮半島の緊張緩和は政治・外交を通じて目指すべきとの考えを強調し、米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に反対する姿勢を改めて示した。

 会談はモスクワで開催されたが、日本の外務省関係者は「非公式なものであり、ロシア側の提案に対する日本側の反応などは差し控えたい」としている。