台風10号

迷走から一転、東進を開始 風速45メートルがピーク

 沖縄南東沖で停滞していた台風10号は26日、進行方向を反転して東へ移動を開始した。29日から30日にかけて本州へ接近する恐れが高まっている。高い海面水温の影響で勢力を強めていたが、気象庁の予想では、最大風速45メートルが勢力のピークになる見通し。

 気象庁によると台風10号は26日午後9時現在、沖縄県・南大東島の南南東約310キロ沖を東へゆっくりと進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、最大風速は40メートル。台風10号は当初、列島西側の高気圧の影響で南西へ進路をとったが、南大東島付近で停滞していた。

 周辺海域では海面水温が平年より1度近く高い状態だったため、台風10号は徐々に成長。気象庁は27日に最大風速55メートルになると予報していたが、ピークは45メートルにとどまる見込み。

 4段階ある強さの表現で上から2番目となる「非常に強い」勢力で東へ進むという。