関西の議論

韓国人のキムチ離れ深刻、5年で20%減 「タクアンが好き」「中国産多くまずい」…ミナミで緊急調査

 佳英さんは「韓国ではキムチは家でつくらなくなっている。買って食べる人が多いけど、工場でつくるからおいしくない」とこぼした。

 「韓国人のうち半数は好きだけど、残りの半数は好きではないのでは」と話したのは、韓国南東部の蔚山市から来た男子大学生、崔宰栄(チェ・ジェヨン)さん(25)。宰栄さん自身は3食キムチを食べるというが、「キムチがなくても、ほかにいろんな食べ物がある」と語る。

なくても暮らせる…3年食べなかった

 それでは、キムチなしに何日耐えられるだろうか。聞いてみた。

 ソウル市の男子大学生、兪スンヒョンさん(21)は「1週間くらいは耐えられる」と自信ありげに答えた。「家だと3食キムチを食べることもあるけど、外食だとピザやステーキ、すし、どんぶり、日本そばなどを食べる。キムチは好きだけどなくてもいい」という。兪さんがあげたピザやステーキ、日本食のどんぶり、日本そばは、この世代の若者にとってはありふれた料理だ。

 「1カ月は大丈夫」と豪語したソウル市の男子大学生、趙大勲(チョ・テフン)さん(28)は「韓国にいてもキムチは食べない」という。「辛いのは好きだけど、口に合うキムチがない」と不満げで、代わりになんと「タクアンが好き。タクアンがあれば大丈夫」と打ち明けた。インスタントラーメンであるラミョンはキムチを必須の取り合わせとするが、タクアンと合わせるのだそうだ。