自民都連のドン内田茂前幹事長パーティーで「ドン、ドンがんばって」と礼賛 石原伸晃氏は「大きい顔して出てきづらい」

自民都連のドン内田茂前幹事長パーティーで「ドン、ドンがんばって」と礼賛 石原伸晃氏は「大きい顔して出てきづらい」
自民都連のドン内田茂前幹事長パーティーで「ドン、ドンがんばって」と礼賛 石原伸晃氏は「大きい顔して出てきづらい」
その他の写真を見る (1/4枚)

 自民党東京都連のドンといわれる内田茂前都連幹事長の政治資金パーティーが24日夜、東京都内のホテルで開かれた。菅義偉官房長官や自民党の二階俊博幹事長、細田博之総務会長ら政府・与党幹部を含む国会議員約15人が出席し、内田氏を礼賛。都議からは「地方議会の宝」との発言も出た。一方、都知事選で争った小池百合子知事の名前は出ず、深い溝が浮き彫りになった。

 パーティーはマスコミをシャットアウトして開かれた。複数の出席者によると、菅氏は総務相時代に「当時、実力者といわれる内田先生のところに恐る恐るお願いにいった」と陳情した過去を披露。予想に反して快く要望が受け入れられたとして「心底、政治家として尊敬をしている」と持ち上げた。

 前都連会長の石原伸晃経済再生担当相は、知事選の敗北を踏まえ「大きい顔してここには出てきづらい」と前置きした上で、「2020年東京五輪を成功させるためには、もうひと働きも、ふた働きもやってもらわないと、なかなか成功しない。今日はそんな陳情も兼ねてきた」と話した。

 国会議員では、ほかにも丸川珠代五輪相、萩生田光一官房副長官、石破茂前地方創生担当相、下村博文幹事長代行、片山さつき参院議員らが駆け付けた。