天皇陛下「お気持ち」

民進・蓮舫代表代行「国会で対応を考えてこなかったことは不作為」「猛省しなければいけない」

 民進党の蓮舫代表代行は23日、日本外国特派員協会の記者会見で、天皇陛下が天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」に関し、国会で議論してこなかったことを「不作為」と述べ、自戒を込めて「非常に猛省しなければいけない」と語った。

 蓮舫氏は年金や介護、医療など社会保障制度に言及し「超高齢化に対する制度は立法府で議論してきた。ただ、皇室においての超高齢化に制度として、どう対応していけばいいのかを考えてこなかったのは、立法府の不作為だ」と指摘した。

会員限定記事会員サービス詳細