産経抄

世界に衝撃を与えた血まみれの少年 8月22日

 骨と皮だけになった少女が、うずくまっている。背後にたたずむハゲワシは、まるで少女の死を待っているかのようだ。内戦の続くスーダン南部で撮影された、「ハゲワシと少女」の写真をご記憶だろうか。

 ▼撮影した南アフリカのカメラマン、ケビン・カーターは、1994年度のピュリツァー賞を受賞した。ところが、カーターに寄せられたのは、称賛より非難の声だった。「なぜ、少女を助けなかったのか」と。受賞の3カ月後、カーターは自殺してしまう。

 ▼「人命か報道か」。今も議論は続いている。ただこの写真をきっかけに、多くの人が、アフリカの飢餓の問題に目を向けるようになったのは、まぎれもない事実である。

 ▼シリア北部の町、アレッポから届いたオムラン・ダクニシュ君(5)の写真も、世界に衝撃を与えている。アサド政権側によるとみられる空爆を受け、自宅アパートから助け出された直後をとらえたものだ。ほこりと血にまみれて、呆然としたまま救急車内で前を見つめている。

会員限定記事会員サービス詳細