激白・角川春樹(2)

原田知世は「今でもピュア」 草刈正雄には物を投げつけ…一番心に残った俳優は?

【激白・角川春樹(2)】原田知世は「今でもピュア」 草刈正雄には物を投げつけ…一番心に残った俳優は?
【激白・角川春樹(2)】原田知世は「今でもピュア」 草刈正雄には物を投げつけ…一番心に残った俳優は?
その他の写真を見る (1/9枚)

 《角川春樹氏は「時代の風雲児」として映画、出版、テレビなどメディアの垣根を越えて暴れ回った。オーディションで薬師丸ひろ子や原田知世ら〝金の卵〟を発掘して映画デビューさせ、多くのファンの支持を得た》

 --薬師丸さんはNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」(2013年)で再ブレークしました

 「一昨年だったか、舞台を見に行ったんです(2014年4月の「ハルナガニ」)。うち(角川春樹事務所)の原作(藤野千夜『君のいた日々』)を舞台化した。木皿泉さん(ドラマ「野ブタ。をプロデュース」2005年、日本テレビ、「セクシーボイスアンドロボ」2007年、日本テレビ)の脚本だった。面白かったですよ。舞台だとほんとに(背が)小さかったんだなあってね(笑い)。ひろ子も演技をちゃんとやっているなという感じですよね」

 --その日に会わなかったのですか

 「木皿さんに『薬師丸さんに会っていきますか?』と聞かれましたが『今ちょっと急いでいますから。私が来たことだけ伝えていただければ』と言って帰りました」

 --原田知世さんにも思い入れがあったとか

 《原田は1982年に「伊賀忍法帖」(82年)のオーディションで九州地区予選から勝ち上がり、特別賞を受賞した。優勝したのは薬師丸、原田とともに『角川三人娘』と呼ばれた渡辺典子だった》

会員限定記事会員サービス詳細