虫試食、おいしかった 兵庫・伊丹市昆虫館で子供たちに「昆虫食」の文化紹介

昆虫を試食する子供たち=伊丹市昆陽池
昆虫を試食する子供たち=伊丹市昆陽池

 夏休み中の子供たちに虫を食べる文化「昆虫食」を知ってもらおうと、伊丹市昆虫館(伊丹市昆陽池)で20日、学芸員スペシャルトーク「虫を食べるはなし」が開かれた。虫の試食では、子供らは興味津々で昆虫の味を確かめていた。

 親子連れら約50人が参加した。同館副館長で昆虫食に詳しい坂本昇さん(44)が、タイではタガメを、ラオスではカメムシを食べるなど、世界では1900種の昆虫が食べられていることを説明。国内でも長野県や岐阜県で蜂の子やイナゴが食べられていることを紹介した。

 その後の試食会では、コオロギやガの幼虫のフリーズドライ、イナゴのつくだ煮などがずらり。子供らは最初は恐る恐る手を伸ばしていたが、慣れてくると次々と昆虫料理を口に運んでいた。大阪府泉大津市の小学1年、川阪琥太郎さん(6)は「昆虫を食べるのは初めてでどきどきしたが、唐揚げみたいでおいしかった」と話していた。

会員限定記事会員サービス詳細