五輪陸上

ボルトの強さの秘密は天然ドーピング? 主食のヤムイモも一役

男子4×100メートルリレー決勝のアンカー、ケンブリッジ飛鳥(右)と中国人選手=19日、五輪スタジアム(撮影・桐山弘太)
男子4×100メートルリレー決勝のアンカー、ケンブリッジ飛鳥(右)と中国人選手=19日、五輪スタジアム(撮影・桐山弘太)

 リオデジャネイロ五輪陸上男子400メートルリレー決勝で19日、ウサイン・ボルトを擁するジャマイカが37秒27で金メダルを獲得した。ボルトは100メートル、200メートル、400メートルリレーの3種目で五輪3連覇を達成。今や短距離にとどまらず、障害種目などへも覇権を広げるジャマイカの強さの秘密はどこにあるのか?

 英紙ガーディアンなどによると、英グラスゴー大のヤニス・ピツラディス博士らは、ボルトの伝説が幕を開けた2008年北京五輪以降、ジャマイカ選手の強さを探ってきた。

 ピツラディス博士の研究で、多くのジャマイカ人の遺伝子が、RR型かRX型と言われるスプリンター遺伝子であることが判明している。

 アフリカ移民を先祖に持つジャマイカ人には元来、短距離走に適した筋肉が備わっていることも明らかになった。

 グラスゴー大がジャマイカ理工大と共同で200人以上のジャマイカ選手の筋肉を分析したところ、スピードを瞬間的に上げる筋繊維が70%もあった。オーストラリア選手の場合は30%に留まっていた。