戦火に消えた名投手

西村幸生ものがたり(上) 関大ハワイ遠征で運命の出会い

【戦火に消えた名投手】西村幸生ものがたり(上) 関大ハワイ遠征で運命の出会い
【戦火に消えた名投手】西村幸生ものがたり(上) 関大ハワイ遠征で運命の出会い
その他の写真を見る (1/3枚)

 2015年8月、さいたま市在住のジョイス津野田幸子(78)=ハワイ大学コミュニティーカレッジ名誉総長=のもとへ、宅配便の小包が届いた。中には古びた野球の硬式ボールが3つ入っており、うち1つに「西村ゆきお(幸生)」のサインがあった。

 西村は戦前に職業野球と呼ばれたプロ野球の大阪タイガース(現在の阪神)のエース。巨人キラーとして名をはせたが、1945年にフィリピンで戦死した。ボールは西村が関西大学の主将として36年にハワイへ遠征したときのものだった。

 幸子は西村の長女。ボールはハワイの民家で保管されていたのが見つかった。「父が直接握ったボールを自分の手にすることができた感動といったら…。父と触れ合えたような気がして涙が出ましたね」。幸子は6歳で別れた西村へ思いをはせた。

■   ■   ■

 西村は1910(明治43)年、現在の三重県伊勢市に生まれた。旧制の県立宇治山田中学時代から本格派の右腕として知られたが甲子園出場の夢は果たせず、卒業後はいったん名古屋市の愛知電鉄(現在の名鉄)に就職。同社のチーム「鳴海倶楽部」で2年間プレー後、31年に関大予科へ進学した。

会員限定記事会員サービス詳細