「恐竜王国」4万人突破! 「自然科学教室」親子で学ぼう 岡山天満屋

リアルな動きのティラノサウルスのロボットに見入る家族連れら=岡山市北区
リアルな動きのティラノサウルスのロボットに見入る家族連れら=岡山市北区

 岡山天満屋(岡山市北区)で「親子で学ぶ夏休み自然科学教室 6億年のタイムトンネル てんまや恐竜王国」が開催されている。これまでに来場者は4万人を超えており、多くの家族連れらが楽しんでいる。22日まで。

 同店6階の会場・葦川会館では、3本の角を持つ草食恐竜「トリケラトプス」の全身骨格標本や「生きた化石」と呼ばれる「シーラカンス」の化石など約200点を展示している。

 また、口先が細長く、背中に帆がある「スピノサウルス」▽背中にひし形の板状の骨が並ぶ「ステゴサウルス」▽大きな頭と大きく鋭い歯が特徴の「ティラノサウルス」-などのロボットが、リアルな動きを見せて、来場者の目をひきつけていた。このほか、アンモナイトや恐竜の化石に触れることができる「タッチング化石」などのコーナーもある。

 同市中区の会社員、森倫子さん(37)は「恐竜の大きさにびっくりした。子供が興味を持つきっかけになるいい経験になったと思う」と話し、長女の優花ちゃん(5)は「恐竜は大きくて怖かったけど、楽しかった」と笑顔を見せていた。

 開場時間は午前10時~午後6時(最終日は午後5時閉場)。大人(中学生以上)800円、子供(3歳~小学6年生)600円。問い合わせは同店((電)086・231・7111)。

会員限定記事会員サービス詳細