五輪バドミントン

桃田「広報通して。すいません」 五輪期間も国内で練習

闇カジノ賭博問題 違法カジノに関する記者会見を開き、経緯を説明して謝罪したバドミントン男子の桃田賢斗選手=東京・大手町(寺河内美奈撮影、撮影日:2016年4月8日)
闇カジノ賭博問題 違法カジノに関する記者会見を開き、経緯を説明して謝罪したバドミントン男子の桃田賢斗選手=東京・大手町(寺河内美奈撮影、撮影日:2016年4月8日)

 バドミントンは、女子がシングルスとダブルスでそれぞれメダルを獲得するなど躍進。一方、男子はメダルなしに終わった。シングルスの有力なメダル候補として活躍が期待された桃田賢斗(21)は、闇カジノ店での賭博問題で出場停止処分を受け、五輪期間中も国内にとどまって練習の日々を送る。

 桃田は18日、トレーニング用のTシャツと短パン姿で、ラケットを持ち、所属するNTT東日本の体育館(千葉県市川市)に現れた。髪は黒色で4月の謝罪会見時よりやや短く、日焼けした様子。取材に「広報を通してください。すいません」とだけ語り、足早に立ち去った。

 同社によると、桃田は30日間の出勤停止処分が明けた5月30日に練習を再開して以降、午前中は本社に勤務し、午後は部の練習に参加しているという。

会員限定記事会員サービス詳細