【リオ五輪】ボルサリーノ麻生太郎財務相に対抗か? 小池百合子都知事が帽子にショールのスーツ姿で羽田からリオに出発! - 産経ニュース

メインコンテンツ

リオ五輪

ボルサリーノ麻生太郎財務相に対抗か? 小池百合子都知事が帽子にショールのスーツ姿で羽田からリオに出発!

【リオ五輪】ボルサリーノ麻生太郎財務相に対抗か? 小池百合子都知事が帽子にショールのスーツ姿で羽田からリオに出発!
【リオ五輪】ボルサリーノ麻生太郎財務相に対抗か? 小池百合子都知事が帽子にショールのスーツ姿で羽田からリオに出発!
その他の写真を見る (1/10枚)

 東京都の小池百合子知事は18日午前、リオデジャネイロ五輪閉会式で五輪旗を引き継ぐセレモニーに出席するため、羽田空港を出発した。24日に帰国する。

 小池知事は出発前、報道陣の取材に応じ、「五輪旗をしっかり受け継いでくる。足を踏ん張ってよろめかないようにしないと。(衣装は)日本の勝負服でいきたい」と述べた。

 この日、羽田空港に現れた小池知事は、リゾート感のあるスーツ姿。頭から足下まで全身オフホワイトの色調で統一しており、夏を意識した涼しげな装いだ。パナマ帽風のハットをかぶり、ショールを首にかけて空港を颯爽と歩く姿は、海外に行く際に見る麻生太郎副総理兼財務相の印象とも重なる。麻生氏がボルサリーノハットを深々とかぶり、ダンディーな雰囲気を醸しながら空港を歩くのはおなじみの光景。2人の歩く様子をとらえた写真を見比べるとそっくりだ。

 小池知事は、2020年の東京五輪に向け競技場なども訪れ、運営状況やセキュリティー対策を視察するという。閉会式の「勝負服」も注目だが、現地でのおしゃれも気になるところだ。