竜に変身の大蛇、炎吹く 長浜八幡宮で雨乞い神事

 長浜市宮前町の長浜八幡宮で15日夜、県選択無形民俗文化財の雨乞い神事「永久寺の蛇の舞」が奉納された。同市永久寺町で江戸時代中期から続く伝統芸能。池で演じられることが特徴で、全国的にも珍しいという。永久寺町内の住民でつくる「永久寺蛇の舞保存会」が演じた。

 ホラ貝が響き渡る中、黒子役の3人が張りぼての大蛇(長さ約7メートル)を持って池の草むらを歩き回りながら、大蛇が竜に変身して玉を追ったり炎を吹いたりする姿を表現した。

 神事の起源は約400年前。姑との不仲で川に身を投げた嫁が竜になり雨を降らせた-として、妻の供養と雨乞いのため夫の宮大工が竜の頭(かしら)を刻み、舞を奉納するようになったと伝わる。

 古くは永久寺町内で行われていたが、戦後に長浜八幡宮の「放生池」で奉納されるようになり今回で69回目。最後に竜が炎を吹いて昇天する場面が演じられると、見物客からは拍手がわき起こっていた。

会員限定記事会員サービス詳細