ロッテ裏金疑惑

聴取当日に副会長が自殺でどうなる捜査…創業家の指示はあったのか 遺書には「裏金はない…」

 【ソウル=藤本欣也】巨額の裏金や脱税疑惑で捜査を受けている韓国ロッテグループの李仁源(イ・インウォン)副会長(69)が26日、ソウル郊外で遺体で見つかった。近くの乗用車から遺書が見つかっており、街路樹で首をつって自殺したとみられる。李副会長は同日、ソウル中央地検に出頭し、横領・背任などの疑いで取り調べを受ける予定だった。

 報道によると、遺書には「ロッテグループに裏金はない」「重光昭夫=韓国名・辛東彬(シン・ドンビン)=)会長(61)はすぐれた人物だ」などと記されていたという。

 李副会長は昭夫氏の最側近で、グループ経営を指揮する政策本部長を務めていた。創業者一族の経営活動を補佐するとともに、約90社に及ぶ系列会社を総括管理する強大な権限をもっていたとされる。

 ロッテをめぐっては、創業者、重光武雄=同・辛格浩(ギョクホ)氏(93)の長男、重光宏之=同・辛東主(ドンジュ)氏(62)と次男、昭夫氏が経営権をめぐって争う中、韓国検察が6月10日、裏金疑惑をめぐり一斉に家宅捜索。「武雄氏の秘密金庫から現金30億ウォン(約2億7千万円)が見つかった」と報じられたほか、「武雄氏と昭夫氏が系列会社から毎年300億ウォン(約27億円)を受け取っていた」とする疑惑などの捜査が進められた。

会員限定記事会員サービス詳細