にゃんこブームの影で 「保護猫」という選択 カフェやネコビル、子猫リレー事業も 大阪市獣医師協会など注力

にゃんこブームの影で 「保護猫」という選択 カフェやネコビル、子猫リレー事業も 大阪市獣医師協会など注力
にゃんこブームの影で 「保護猫」という選択 カフェやネコビル、子猫リレー事業も 大阪市獣医師協会など注力
その他の写真を見る (1/3枚)

 空前の猫ブームといわれる。だが一方で、環境省によると全国で年間約8万匹の猫が殺処分されているという(平成26年度)。そうした中、野良猫や飼い主に捨てられた後に保護された「保護猫」を飼おうという動きが注目を集めている。大阪では、大阪市獣医師会が中心となって、保護された子猫をボランティアらが育て、若い世代に譲渡する「子猫リレー事業」がスタート。保護猫の譲渡に力を入れる「保護猫カフェ」も登場している。(服部素子)

子猫を救おう!

 大阪市東成区にある「おざさ動物病院」。同病院長で、大阪市獣医師会理事の小笹孝道さん(47)が2匹の生後3カ月のキジトラの子猫を抱いて目を細めていた。この2匹は、同獣医師会の「子猫リレー事業」の対象として小笹さんが預かっている保護猫だ。

会員限定記事会員サービス詳細