五輪テニス

錦織圭 第1セットを2ブレークされ取られる A・マリー戦 男子シングルス準決勝

男子テニスシングルス準決勝、A・マリーのボールを返す錦織圭=13日、五輪テニスセンター(撮影・森田達也)
男子テニスシングルス準決勝、A・マリーのボールを返す錦織圭=13日、五輪テニスセンター(撮影・森田達也)

 リオデジャネイロ五輪は大会第9日の13日、五輪テニスセンターで、テニス男子シングルス準決勝を行い、世界ランキング6位で96年ぶりのメダル獲得を目指す、第4シードの錦織圭(日清食品)は、五輪2連覇を狙う同2位で第2シードのアンディ・マリー(英国)と対戦。第1セットを1-6で落とした。

 錦織は第1ゲームを取られたが、第2ゲームをキープ。第3ゲームをマリーにキープされ、第4ゲームはドロップショットを決めるなどしたが、デュースの末にブレークされた。

 第5ゲームはデュースまで迫ったが、レシーブミスが出てマリーがキープ。第6ゲームは絶妙のドロップショットも出たが、マリーにリターンエースを決められブレークされ、第7ゲームはマリーがサービス・レシーブがともにさえ、このゲームを取られた。(五輪速報班)

試合速報はこちら