真田丸の注目人物

石田三成演じる山本耕史がたっぷり語った! 「三成って人望ないんだな」「三谷幸喜さんはすぐ僕を脱がそうとする…」

 《「真田丸」の三成はどういう人物か》

 三成は悪役として描かれることが多いけれど、今回はそう描かれていません。

 三成が信繁に、「私はほとんど間違えることはないが、失敗することもある。そのときは遠慮のう教えてくれ」というシーンがあります。「私は間違えない」と真っ正面から言うところが三成っぽいし、どこかチャーミング。今後、その三成が感情的になる場面があります。今までとは全く違う三成の姿に、僕もギュッとひきつけられました。

 実をいうと、三成は殿下(秀吉)のためというより、秀頼公になった後の豊臣家を命を賭けて守ろうとするんです。もうちょっと臨機応変に行動できれば、三成はもっといい生き方ができたのかもしれません。ただ、それゆえに、忠義の人ということで人気が出たんでしょうね。愛すべき人物だと思います。

 あとは、「ばかと話すと疲れる」というセリフがあるのですが、家康役の内野(聖陽)さんから「すごく耕史っぽい」と言われました。どこか、共通点があるのかな…(笑)

 《演技について苦労した点は》

 単純に、セリフの量が多いです。信繁役の堺(雅人)さんは、「三成が入ってから僕は楽になった」と言っていました。とにかく、日時や城の名前など説明セリフが多くて、覚えるのが大変。秀吉からすぐ「治部!」って振られるし。自分で説明すればいいのに…(笑)。「忍城(おしじょう)攻め」の際の撮影では、オンエアの倍くらいしゃべっています。

会員限定記事会員サービス詳細