リオ五輪

世界反ドーピング機関とスポーツ仲裁裁判所にハッカー攻撃

 一方、CASのマシュー・リーブ事務総長はハッカー攻撃を受けたことを認めた上で、「攻撃は明らかに成功しなかった。CASのサイトは公のもので、秘密は含まれていない」と述べた。

 ハッカーはCASのサイトに手を加え、「スポーツが政治の外にあることを忘れた」というメッセージを表示させようとしていたとみられている。(五輪速報班)