「原発に頼らぬ社会を」三反園鹿児島知事、川内原発の「一時停止要請」改めて明言

 鹿児島県の三反園訓(みたぞの・さとし)知事は10日、九州電力川内(せんだい)原発(同県薩摩川内市)の再稼働1年にあたりコメントを発表。「九電においては、原発を運転している以上、安全確保を最優先に、強い責任感と緊張感をもって対応していただきたい」と要請した。

 コメントではこのほか「原発に頼らない社会を目指していきたい。熊本地震による県民の不安解消に資するため、原発周辺を視察した上で、一時停止と点検・検証を要請する」とした。

 三反園氏は記者団に対し「(原発事故時の)避難道路がこのままでよいのか、さまざまな方の意見を聞いた上で、停止の申し入れをしたい」と述べた。8月中に原発周辺の病院や介護施設などを視察するという。

会員限定記事会員サービス詳細