緊迫・東シナ海

自民・二階俊博幹事長 中国公船領海侵入で程永華大使に懸念伝達「ルール則ってもらわないと困る」「良好な関係保ちたい」とも

 自民党の二階俊博幹事長は10日、中国の程永華駐日大使と党本部で会談し、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で中国公船が相次いで領海に侵入していることへの懸念を伝えた。程氏側は「真摯に対応する」と応じ、両国が「円満な話し合い」に向け努力していくことで一致した。

 二階氏は会談の冒頭「家庭内でもぎくしゃくすることがあるわけだから、国と国(の関係)なので当然ある。政治の側がそれを乗り越えていくだけの度量と見識がなくてはならない」と強調した。「今後よく話し合いをしながら良好な関係を保っていきたい」とも述べた。

 その上で、中国公船の領海侵入について「公海では国と国との間できちっとした申し合わせがある。そのルールにのっとっていないと困る」と懸念を伝えた。二階氏は会談後、記者団に「今後こういう問題でエキサイト(興奮)しないためには(中国公船が日本の領海に)来ないようにしてもらわなければ困る」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細