五輪体操

男子団体総合決勝で3大会ぶりの金メダルに貢献した山室光史(コナミスポーツ) 「本当にみんなに感謝です」一問一答

体操男子決勝 金メダルを獲得しスタンドに応える(左から)山室光史、内村航平、田中佑典、白井健三、加藤凌平=8日、リオ五輪アリーナ(桐山弘太撮影)
体操男子決勝 金メダルを獲得しスタンドに応える(左から)山室光史、内村航平、田中佑典、白井健三、加藤凌平=8日、リオ五輪アリーナ(桐山弘太撮影)

 リオデジャネイロ五輪体操男子団体総合決勝で、3大会ぶりの金メダルを獲得した日本の山室光史(コナミスポーツ)は、「本当にみんなに感謝です」と語った。試合終了後の一問一答は以下の通り。

 --決まった瞬間は顔をくしゃくしゃにして泣いていた

 「僕が本当に最初にミスを出してしまって、その後もう本当に声を出すしかなくて、でもみんなすごくいいムードで試合が最後まで盛り上がって、いやぁ、金メダル取れたので、本当にみんなに感謝です」

 --あん馬で落ちたときは正直どんなことが頭をよぎったのか?

 「そうですね、もう本当にどうしようと思って、でも次の種目もまだあったので、とりあえず自分でできることをしっかり、どうにかやろうと思って。本当によかったです」

 --胸にはロンドンで取れなかった金メダルが輝いている

 「もう何か…、あんまり実感が湧かないですけども、本当にただただよかったなと思いますね」