【五輪競泳】予選敗退の池江璃花子「後半バテた」一問一答 女子200メートル自由形 - 産経ニュース

メインコンテンツ

五輪競泳

予選敗退の池江璃花子「後半バテた」一問一答 女子200メートル自由形

 リオデジャネイロ五輪競泳女子200メートル自由形で準決勝進出を逃した16歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)は「後半バテてしまった。日本新記録を狙ったが、こういう形で終わって残念だ」と唇をかんだ。レース後の一問一答は以下の通り。

 --3日目で連日レースが続いているがどうでしたか?

 「前半からいくこともできなくて、後半体力もなくてバテてしまった。日本新を狙ったが、こういう形で終わって残念です」

 --200メートルということで距離も延びた。

 「昨日終わって気持ちが楽になっていけるのではないかと思っていたが…。昨日、一昨日の疲労があるのか分からないが、残りのレースでしっかり記録を狙えるように頑張りたい」(五輪速報班)