天皇陛下「お気持ち」

共産党の志位和夫委員長「生前退位について真剣な検討が必要」

 共産党の志位和夫委員長は8日、天皇陛下が「生前退位」のご意向を表明されたことについて、「高齢によって象徴としての責任を果たすことが難しくなるのではないかと案じているお気持ちはよく理解できる。政治の責任として生前退位について真剣な検討が必要だと思う」と述べた。都内の党本部で記者会見した。

 志位氏は、女性宮家や公務負担軽減の議論については「いろいろと話を広げずに生前退位という問題について真剣な検討が必要になってくる」と指摘した。

 国会で関連法案を審議する時期については「慎重な対応が必要だと思う」と述べた。