ふるさと納税返礼品 アディダスなどブランド5社が提供 福島・南相馬市へ異例の支援(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

ふるさと納税返礼品 アディダスなどブランド5社が提供 福島・南相馬市へ異例の支援

 応援したい自治体に寄付すると住民税などが控除される「ふるさと納税」でアディダスなどの有名ブランド5社が、東日本大震災で被災した福島県南相馬市に対する寄付の「返礼品」として、スポーツシューズなどの自社製品を提供することが6日、分かった。地元産品以外が返礼品となるのは珍しく、企業の新たな被災地支援の形として広がる可能性がある。

 南相馬市は月内に、ふるさと納税での寄付者が寄付金の使い道を選択できる制度を始める計画。これに賛同したドイツのスポーツ用品大手アディダスのほか、部屋着の「ジェラートピケ」やバッグなど小物の「マンハッタンポーテージ」といったブランドを扱う国内外の4社が返礼品提供で市と合意した。

 1万円以上の寄付者を対象に、アディダスのスニーカーやマンハッタンポーテージのデイパックなどが寄付額に応じて送られる。

 ふるさと納税では、寄付を受けた各自治体が寄付者に地元産品を返礼品として送るのが通例化している。