1千キロ縦断リレーがゴール 復興への願いつなぐたすき受け取り…小池知事「絆の証し」

1千キロ縦断リレーがゴール 復興への願いつなぐたすき受け取り…小池知事「絆の証し」
1千キロ縦断リレーがゴール 復興への願いつなぐたすき受け取り…小池知事「絆の証し」
その他の写真を見る (1/2枚)

 東日本大震災で被災した青森-東京間をたすきでつなぐ「未来(あした)への道 1000km縦断リレー」は最終日の7日、ランナー約100人が小池百合子都知事が待つ東京・上野公園にゴールした。

 イベントは今年で4回目。2020年東京五輪・パラリンピックまであと4年となった7月24日に青森県庁前をスタートし、延べ約1400人のランナーが参加。復興の願いを込め、1都6県約1280キロを駆け抜けた。

 元陸上選手で北京五輪陸上男子400メートルリレー銅メダリストの朝原宣治さんからたすきを受け取った小池知事は「(たすきは)絆の証し。東京大会では被災地の力強い姿を世界中に伝えたい」と4年後に意欲を見せた。