脳を知る

熱中症 体を冷やす食べ物も上手にとって暑気払いを

熱中症の予防には、適度に体を冷やす食べ物も
熱中症の予防には、適度に体を冷やす食べ物も

 すっかり真夏の日差しです。熱中症で救急搬送されてくる患者さんが増えてきています。もはや夏の風物詩にすら思えてしまうほどです。熱中症になると非常に強い脱水症状を起こし、血液が濃縮します。そうなると血栓ができやすくなり脳梗塞を起こしやすくなります。水分補給が重要なことは言うまでもないことですが、体温があまり上がらないように涼しい環境を作ることも非常に大切です。

 30度を超えるような猛暑の場合にはやはりエアコンにも頼る必要があると思いますが、エアコンが嫌いという声もよく耳にします。その場合には窓をあけ扇風機などを利用し熱がこもらないようするなど環境作りが大切です。ご高齢になると温度感覚が鈍くなり暑さを感じにくくなるようですので、意識して行うことが大切です。それに加えて、食べ物も重要だと思われます。体を温める食べ物、体を冷やす食べ物、といった表現を聞いたことはないでしょうか。

 ショウガなどは体を温める食材として有名ですが、一般に体を温める食べ物が体に良くて、冷やす食べ物は体に悪いというイメージがどうも強いようです。しかし夏の暑い日には体を冷やす食べ物を意識して摂取すれば暑気払いに役立ちます。具体的には野菜ではキュウリ、トマト、ゴボウ、ナス、レタスなどは火照った体を冷やしてくれる効果があるとされています。

会員限定記事会員サービス詳細