「子供が欲しい気持ちに抗えなかった」53歳で超高齢出産坂上みきの今

「子供が欲しい気持ちに抗えなかった」53歳で超高齢出産坂上みきの今
「子供が欲しい気持ちに抗えなかった」53歳で超高齢出産坂上みきの今
その他の写真を見る (1/2枚)

 女性の社会進出と晩婚化が進む中、高齢出産(35歳以上の初産)に臨む女性は少なくない。ところが、FM局の人気パーソナリティーで現在は日本テレビ「PON!」(月~金曜)にレギュラー出演中のタレント、坂上みきさんが平成24年7月、53歳で初めての妊娠を発表すると、世間は超高齢出産と大騒ぎし、注目を集めた。あれから4年。私生活については口を閉ざす坂上さんが、産経デジタルの独占インタビューに応じた。仕事はもちろん、母としても伸びやかに今の生活を楽しむ坂上さんに、不妊治療を成功させ、高齢出産を乗りきった経験や、育児、そして今の仕事について、話を聞いた。(ライター・桜子)

妊娠を諦める年齢から不妊治療

 --妊娠を発表し、53歳超高齢出産の見出しがスポーツ紙に踊った時の心境は?

 「それはもう、驚きましたよ。7月の暑い日に突然、自宅のインターホンが鳴り、『週刊誌の者ですが、この辺に坂上みきさんのお宅があるはずですが』と聞かれたので、『それはウチですが』と答えたんですね」

 --それはドン引きするような、怖い話!

 「ええ。あちらもびっくりしていましたけど、『妊娠している噂は本当ですか』と質問が始まったので『事実です』と答えた。そうしたら間髪入れず、新聞社の方もすぐ来られて、翌朝にはスポーツ紙の一面に53歳超高齢出産の見出しが躍った。それで慌ててお昼のレギュラー番組で発表させていただきました。そこからですね、電話やメールが次々きてオファーが殺到し、初めて事の大きさを認識しました(笑)。そんなに驚かれることだったんだ!と」

 --驚かれるとは思っていなかった?

 「思っていなかったですね…。もちろん、高齢出産ということは分かっていましたけど、長らく不妊治療をしていたので、自分の中ではやっと授かった、という気持ちがいっぱいで、年齢は心の中でどこかに追いやっていたのでしょうね(笑)」