内閣改造

石破茂前地方創生担当相、ポスト安倍に意欲「次の政権に代わるときへ錬磨する」

 「ただ、われわれの同志であります山本さんが農水相として入閣をされる、そして、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の法案であるとか、あるいは農協改革、農政改革に取り組んでいかれるということは、とても意義の深いことだと思っています」

 「山本さんも当選9回で、私とは30年近くの友人であります。水月会の同志であります。そして、選挙区は高知2区という中山間地。山本さんが『なんで俺、石破(の側近)をやるかっていうと、俺んとこよりも田舎から出ているからだ』とかいう、そういうことを冗談3分の2でパーティーのときにおっしゃっています。海あり山あり谷ありという、そういうところから出ておられる山本さんが、今まで農政畑のメインストリームにおられた方ではないけれど、何よりもそこで生まれて育って、そこの方々の支持を得て、30年近く議員をしてこられた山本さんが、その明晰な頭脳で農林水産行政を担われるということは、国家のためにとてもすばらしいことだし、われわれ同志としても、農水相経験者としても、可能な限りのお支えをしたいなと思っています」

 --自民党の「第3次憲法改正草案」を作るべきだという主張か

 「どうでしょうか。まずね、今の第2次草案というものが、なぜできたか。新旧対照表で旧条文、新条文、あるいは新しく新設された条文、これは、なぜこういう条文が作られたのだろうかという、そういうストーリーをご理解をいただいて、『これでいいんだ』ということであれば、それでいいんですよ。『いやいや、それはおかしいんじゃないの?』という人がいれば、そういう議論をすればいいんです」

会員限定記事会員サービス詳細