内閣改造

韓国メディア「強硬右翼」の稲田朋美防衛相と松野博一文科相を警戒

【内閣改造】韓国メディア「強硬右翼」の稲田朋美防衛相と松野博一文科相を警戒
【内閣改造】韓国メディア「強硬右翼」の稲田朋美防衛相と松野博一文科相を警戒
その他の写真を見る (1/2枚)

 【ソウル=藤本欣也】安倍晋三政権の内閣改造について、韓国の聯合ニュースは3日、自民党総裁任期延長のための「親政体制」構築に向けた内閣改造だ-と伝えた。

 中でも「安倍カラー」を強調するため、「強硬右翼の政治家」である稲田朋美氏と松野博一氏をそれぞれ防衛相と文科相に抜擢(ばってき)したとの見方を示した。

 韓国で稲田氏は2011年8月、島根県・竹島に近い韓国・鬱陵島を視察するため、自民党の新藤義孝衆院議員らと訪韓を計画した際、韓国政府から入国を許可されなかった「極右政治家」として知られる。

 聯合ニュースは、稲田氏が極東国際軍事裁判(東京裁判)に疑義を唱えた点などを強調し、「戦犯裁判を否定する右翼の政治家が防衛相を任された」と報道。松野氏についても、「慰安婦の強制性を否定してきた」などと伝えた。

会員限定記事会員サービス詳細