【きょうの人】羽生善治さん 棋聖戦最多の9連覇達成 「気分転換兼ねて」茶髪で不調説一蹴 - 産経ニュース

メインコンテンツ

きょうの人

羽生善治さん 棋聖戦最多の9連覇達成 「気分転換兼ねて」茶髪で不調説一蹴

羽生善治さん(松本健吾撮影)
羽生善治さん(松本健吾撮影)

 「カド番になる展開で内容も押されている将棋が多かった。何とか防衛できたのでよかった」

 1日、新潟市で行われた棋聖戦第5局。羽生キラーといわれる挑戦者、永瀬拓矢六段との激戦を制し、トップ棋士の貫禄を見せつけた。

 ここ数年、若手との対戦が増えているが、半分も年の離れた相手はタイトル戦では初めてだった。「若い人たちは、私たちの頃とは勉強の方法や採用する戦法、その時々に流行する戦型が違います。それが具体的な指し手の違いとして表れてくる。若手の発想を取り入れながら、これまで蓄積してきた経験をプラスして対策を立ててきた」

 昭和60年、15歳で史上3人目の中学生プロ棋士としてデビューし、19歳で初タイトルを獲得した。平成8年には史上初の全七冠制覇。以来、名実ともに将棋界を牽引(けんいん)してきた第一人者だ。ところが、プロ生活30年の今年、5月に1勝4敗で名人を奪われ、直後の6月3日の棋聖戦第1局も負け、自己最悪の6連敗を記録。1勝1敗で迎えた第3局も大逆転負けを喫し、劣勢に立たされた。

 この頃、名人戦以降にささやかれていた「不調説」を振り払おうと、「気分転換を兼ねて」薄い茶髪に染めた。「度が合わなくなったので、めがねもその少し前に替えました」

 これが奏功したのか、カド番で迎えた第4局では、20年以上指されたことのない戦法を採用し、圧勝。7年ぶりに第5局までもつれこんだ最終局も手堅く勝ち、逆転9連覇を遂げた。

 「来期五番勝負も大事に対局したい」と、決意を新たにした。 (藤田昌俊)