銀行5グループ4〜6月期決算 マイナス金利の逆風で貸し出し業務厳しく

 5大銀行グループの平成28年4~6月期連結決算が1日、出そろった。日銀のマイナス金利政策の影響で、本業の貸し出し業務が厳しくなっていることなどから、みずほフィナンシャルグループを除く4グループで減収となった。

 貸出金利から預金金利を差し引いた「利ざや」は軒並み縮小し、資金利益の低下が鮮明となった。このうち、三菱UFJフィナンシャル・グループの預貸の利ざやは1~3月期に比べ0・05%縮小し、0・92%と過去最低を更新した。

 本業のもうけを示す実質業務純益は三菱UFJが前年同期比20・7%減の2580億円、三井住友フィナンシャルグループが31・2%減の1648億円となるなど、4グループが減収となった。

 みずほは3・9%増の1616億円。6月末時点の国債保有残高を3月末から3分の2に圧縮するなど、債券売却益を積み上げたことが支えとなり、唯一増収を確保した。

 最終利益は5グループとも減益となった。りそなホールディングスは11・0%減の477億円、三井住友トラスト・ホールディングスは23・6%減の322億円だった。